温ちゃんです。

冷えとりに一生懸命励んでいるのに今一つすっきりしない、改善がみられないというあなた。もしかしたらそれは体の歪みが原因なのかもしれません。

からだに歪みがあると、その部分が滞って温めてもスムーズに気・血・水が全身を流れないことがあります。そんなときに頼りになるのが整体やマッサージですが、半身浴や重ね履きみたいに専門家に委ねなくても自分でできることってないのかしら?

「操体法」は、自分で、あるいはパートナーと一緒にできる簡単な歪み直しです。

原則はひとつ。気持ちの良い動きをすること。

人の体はもともと悪くはできていません。無理したり、頑張ったりするうちに次第に骨盤がずれたり背骨が曲がったり。そんなバランスの崩れた体が血の巡りをゆがめ病気の原因になっていきます。

「痛い」「きつい」「つらい」動きが体を治すというのは思い込みです。整体も痛い動きは必要ありません。人の体が元来気持ちのいい動きで自然ともとにもどっていくのです。

たとえば寝相が悪い人は、肩こりや腰痛が少ないといいます。それは寝ている間に無意識に体が心地よい方向に動いているからだとか。寝た時のまま朝を迎える人は、起きた時にすでにこっていませんか?寝相が悪いからと矯正するのではなく、気持ちよく寝返りが打てる睡眠環境をつくることも大切かもしれませんね。

操体法をはじめたのは函館のお医者さんだった故橋本敬三先生。
橋本先生は西洋医学に限界を感じて東洋医学や民間療法を試しているうちに、人の体はもともと設計にミスはなくバランスがとれていれば健康でいられると気が付き、腎臓病とかとか○○病とか、その病気だけ治そうとしてもうまくいかないけど体全体が気持ちいいように動くことで、「もともとよい」もとの体に治っていって体全体が元気になるとみつけました。それが操体法の原理です。

操体法は一冊本を読んでいただくか、一回の講習会でだれでもできるようになります。もちろん害も副作用もありません。だって気持ちいい方向にうごくだけだもん。

「操体法」ちょっと頭に入れておいて、機会があったら一度触れてみてはいかがでしょうか。

*******************************************
快医学14時間講座@信州松本
快医学とは、故瓜生良介さんが提唱した、「操体法」「温熱療法」「LET(Oリングの発展形)」など、伝統医学&民間療法から、自分でできて気持ちよく効果の高い療法だけを選び出して組み合わせた自然療法。短時間の講習でだれでもマスターできて、すぐに応用できます。
中心的な継承者のおひとり、はしもと治療院の橋本俊彦氏による快医学講座をうけてみませんか?温ちゃんのボスも参加します。11月15~16日。受講料30,000円(橋本氏は信州冷えとりマルシェにも参加されました。)
https://www.facebook.com/events/494598627344501/

zakkoku