温ちゃんです。

やせた地でもたくましく育つ雑穀は大地と太陽のエネルギーをたっぷり受けて生命力にあふれています。
土に帰せば翌年は数千倍の新しい命を生む力を宿す完全ないのち「雑穀」

昔から日本人の健康を支えてきたこの雑穀が今見直されています。

一口に雑穀と言ってもいろいろあります。

押麦は大麦に圧力をかけて平たくしたもの。ビタミンが多く脚気予防や脳の働きを助けます。

きび(うるち・もち)は穀物には珍しいアルカリ食品。腸内の異常発酵や便秘解消に効果的。「もちきび」は粘りがあり甘く、いちばん好んで食べられている雑穀です。

あわ(うるち・もち)は鉄・ビタミンを多く含み新陳代謝をさかんにしてくれます。

ひえはタンパク質、カルシウム、鉄を多く含み基礎体力を増強します。

はと麦は老廃物を出す働きが盛んです。肥満防止や皮膚のトラブルに有効です。

ほかにも、たかきび・キンワ・そば・アマランサスなど。初めての方には押麦やもちきびが食べやすくてお勧めです

胚芽をとってしまった白米には栄養価は期待できません。玄米がおいしく食べられればそれが一番なのですが、無理せず「雑穀入り白米ごはん」を試してみてはいかがですか

慣れたら雑穀を数種混ぜてみたり、白米を七分米や五分米に変えてみるなど、バラエティを楽しんでみてください。

雑穀なんてと顔をしかめるお父さん。匂いやアクが気になるお子さんには、カレーライスや炊き込みご飯にして食べさせちゃったり、つぶつぶレシピでアレンジしてみても。

好きな雑穀を好きな割合でガラス瓶に入れて保存しておけば、手軽に五穀ご飯が楽しめます。

古来からの命の幹を作り続けた雑穀。無理せず食卓にとりいれてみてくださいね。

元原稿はこちら→http://www.lohasworld.jp/yomimono/zakkoku7.pdf

*************************************
雑穀扱っています。
https://www.tekuteku.net/products/list.php?category_id=139
http://item.rakuten.co.jp/tekutekushop/c/0000000281/

zakkoku