温ちゃんです。

最近、低線量の放射線被ばくは体にいいという記事が目立ってきたような気がします。

で、ボスの書いた記事。ぜひ温ちゃんも紹介すべきだとのご意見がありまして、以前も一度紹介しましたが、まだ読んでいない方はぜひお読みください。

************************************
数ベクレル、10数ベクレルといった数値が出た食品があるとする。
この商品を食べるか食べないか判断するときには3つのポイントがあると思っている。

ひとつは、低線量被ばくの確率的影響という話
もうひとつは乳幼児や胎児の感受性の話
そして最後は、生物学的半減期の話。

放射能を沢山浴びた場合、人は浴びた分だけ放射能が原因でがんになるリスクが高まる。
そしてそれはおおよそ100mSv(ミリシーベルト)以上被ばくされた場合は、きれいな比例関係にある。

それは、200mSv(ミリシーベルト)浴びた人は、100mSv浴びた人より2倍放射能の影響によってがんになる可能性がありますよ。という意味だ。

実は約100mSv以下の低線量被ばくについては、わからないということになっている。

「低線量の被ばくはむしろ健康のためにいい」といわれても、実はそれを否定するに十分足りるだけのデータがないわけで、低線量被ばくは害がないだけでかえって身体にい
(ホルミシス仮説というそうです。)という話もでてくることになる。

ここで大事なのは、低線量被ばくのリスクを過小に評価した場合、それが正しくなかった場合に取り返しがつかないということだ。

これから統計的な有為差がもし出てきて「低線量被ばくは身体にいい」という結論がでたなら、それはそれで結構。笑って済ませることもできる。

でも、「ほんとうは低線量被ばくは健康リスクが高いんですよ」となったとしたら・・・あなたやあなたの家族に具合の悪い人が出て、低線量被ばくの影響かもしれないと思い当たることがあったとしたらどうだろう。

ほんとうのことはまだ分からないのだったら、意識を持って無理のない程度に内部被ばくを避ける努力をするべきだと、ぼくはそう思っている。

もちろん、わからないことに対する対応の仕方はひとりひとり違って当たり前だし、ぼくがこうしなさいというべきことではないし、間違っても国のお偉いさんや発言の影響力があるマスコミのひとや学者がこうしろというべきことではないのは当然だ。
(続く)
http://www.tekuteku.co.jp/ra-news1.html

n