こんにちは温ちゃんです。

体に毒がたまれば病気になり、毒が減っていけば健康になります。
毒の問題を解決する方程式はこれです。

出ていく毒>入ってくる毒

いくら食べ物や肌につけるものに気をつけていても、排毒の力が弱ければ少しずつ毒はたまっていきます。それはあなたの意思とは関係なく体に忍び込む排ガスやたばこの煙、電磁波や放射能など。また現代社会のストレスで知らず知らずにたまる心の毒もそうでしょう。

そうはいっても、マクロビやオーガニックな暮らしを続けてきた人が冷えとりと出会うと、効果はてきめんです。もともと排毒の力は強いうえに、体に溜め込んだ毒も、何も気にせず暮らしてきた人よりずっと少ないはずです。

温ちゃんの観察では、オーガニックやマクロビの世界から冷えとりに足を踏み入れた人の多くが、大きなめんげんや派手な症状に悩まされずに、いつの間にか元気になっていっているようです。まあ、まだそんなに大勢知っているわけでないので推論にすぎませんが。

入ってくる毒を減らすには、
1)食べる量そのものを減らし、よく噛んで食べる
2)食事の質に気を使い、できるだけ化学的な工程や不自然な添加物を摂らないようにする。
3)動物性のものを減らし、野菜や豆や雑穀、海藻などを中心とした質素な食事を心掛ける
4)常に感謝して、穏やかな気持ちでね
5)食べるものだけでなく、呼吸から取り込まれる毒や、経皮毒にも気をつける
ってところでしょうか。

冷えとりしていても、めんげんが辛い人や、いつまでも続く人は、もう一度入ってくる毒についてもフォーカスしてみる必要があるのではないでしょうか。

出ていく毒>入ってくる毒

「冷えとり」だけしていればいいなんてことは、ありませんからね。

*********************************************

社会毒って何だ?

めんどぅーささんが語る世の中の毒の話
信州冷えとり合宿で
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=244376612439592

n