こんにちは温ちゃんです。暑くなってきましたね。冷えとり一年生にとって夏は鬼門です。レギンスも、湯たんぽも無理しないでくださいね。そして、靴下の重ねばきがつらいようでしたら、少しだけ枚数を減らして、なんとか夏の間素足にならずに乗り切ってみてください。きっと2年目の夏からは、1年目が嘘だったかのように夏の重ねばきが楽になります。

汗で湿った靴下も気持ち悪いものです。夏は木綿をウールに替えてみてはいかがでしょうか?夏にウールとびっくりする方もいるかもしれませんが、木綿のあのべっとりじっとりの湿気がなく、快適に過ごせます。

熱中症は上半身のほてりや熱が原因です。熱中症になる人は決まって足元が冷えています。上半身はできるだけ涼しく、コットンやヘンプなどのゆったりした服で快適に過ごしましょう。また水を飲むときは、必ず少しの塩を一緒にとってください。塩飴でいいですよ。

靴下の重ねばきつらいかもしれませんが、半身浴にはいい季節です。重ねばきを補う分もしっかり半身浴してみてください。夏の浴室は暑くなります。窓を開けて夜風を通してあげると快適です。

かゆい、咳が出る、腰がつらい・・何らかの症状がある人は、その症状が気にならなくなるまで半身浴できるといいですね。その時間があなたにとって適正な半身浴の時間です。

長い時間お風呂にいると、眠くてボーっとしてきます。お風呂で寝れるのが理想ですが、それができないようなら就寝前に入浴しましょう。お風呂から上がるときには、体を拭いたらまず靴下から履くといいようです。浴室を出て靴下を履く前のほんのちょっとの時間に忍び込む冷えは、交感神経を刺激して目が冴えてしまいます。上半身はしばらく裸でも、靴下だけはすぐに履くことで入浴後ののぼせが防げるとともに、床について寝付くまでの刺激を抑えてくれます。

逆に朝の入浴は、出るときにちょっと水で足に刺激を与えることで、しっかり目が冴え、いい感じでの一日のスタートになります。

夏の冷えとりがしっかりできていると、暑さや冷房のきつさがあまり気にならなくなります。そして夏は汗をかくこと。汗は夏の毒出しですからね。

夏の冷えとりファッション。迷ったらここへ

冷えとりストリートスナップス
https://www.facebook.com/groups/307909469352889/

*****************************
汗をかいたら、塩飴!
オーサワの塩飴海水塩「石垣」入り・砂糖不使用80g
http://item.rakuten.co.jp/tekutekushop/os0806/
https://www.tekuteku.net/products/detail.php?product_id=5278

on