ボスはめんげん祭り、パソコンを前にボーっとしています。温ちゃんです。

風邪薬の主成分は解熱鎮痛剤。この解熱鎮痛剤は主に2つのタイプがあります。

一つはアセトアミノフェンという成分を配合しているもの。皮膚の血管を広げて熱を発散させ、痛みの感受性を低下させてくれます。胃や腎臓への影響は少ないといわれますが肝臓に負担をかけます。

もうひとつはイブプロフェンを主成分としたもので、炎症や発熱を引き起こす生理活性物質の生成を阻害することで痛みを抑え熱を下げます。副作用としては吐き気や消化不良、下痢,消化器潰瘍やぜんそくなどを引き起こします。

主成分の他に喉の痛みをやわらげる成分や気管支を広げて咳を鎮める成分、タンを出しやすくする成分、鼻水やくしゃみを和らげる成分、頭痛を和らげる成分などが風邪薬に入っていますが、いずれも風邪の諸症状を緩和させる成分ばかりで、風邪薬には風邪を退治する力はありません。抗生物質もウイルスには効きません。

ウイルスというのは実に厄介な半生物で、細菌より小さく、細胞の中に入り込んでしまうため薬では治りません。風邪のウイルスを攻撃できるのは免疫力だけです。免疫力は体温があがると強くなります。また風邪のウイルスは高温に弱いので、風邪の一番の薬は体温をあげることです。

半身浴や足湯、湯たんぽで体の中から温めて、また熱が出てきたらできるだけ押し込めないで出してあげましょう。

風邪だけでなく、薬のほとんどは対症療法です。症状はできるだけ押し込めずに出してあげること。体が内部からほんとうに元気になるためには、できるだけ薬に頼らず、体が自ら治っていく力をつけていくことがいちばんです。

できれば薬は飲まないで家で半身浴してさっさと寝るのがいいって分かっていても、大事な仕事や、はずせない行事などのときは頼ってしまうのも仕方ないかも。

一年のうちほとんどの日を薬を飲まないで過ごしていれば、数日くらいたいしたことはありません。体に悪いだろうなと思いながら服用すると余計に冷えます。今は薬に頼るときと割り切ってお世話になりましょう。そのかわり、家に帰ったらがっつり半身浴。そして、飲まないでいい状況になったらいつまでも続けないほうがいいかもね。

on3