こんにちは温ちゃんです。春は生き生き、のびのびといきましょう。

食べ物の陰陽っていうと体を冷やす温めるってイメージだけど、陰には体をゆるめる、陽には体を締めるって作用もあるんです。

私たちは冬の間、ぎゅっと縮こまって寒さから身を守っていました。真冬にゆるゆるだと風邪や寒邪にあっという間にやられてしまいます。

そして寒さもゆるみ始めた今の季節、体は少しずつゆるませてあげなくてはいけません。
陰とは上に向かう力、ゆるませる力、尖ったもの、成長の早い物、アクのあるもの・・・何がありますか?

そう、山菜やアスパラ、タケノコですね。特にタケノコは世界四大陰性食材です。

普段の食生活や生活のリズムが陰性に傾いている人は別として、冬の間ぎゅっとしまって陽性になっている人はこの時期山菜やタケノコを食べて少しずつ体をゆるませてあげましょう。陰性体質の人も煮たり焼いたりすることで食材は陽性に傾きますのでおぼえておきましょう。

そしてタケノコ料理には山椒を添えます。山椒には繊維質が多くあくが強いタケノコの消化吸収を助ける成分が含まれています。

季節の食材っていうのはちゃんと体を調整するようにできているんですね。

旬の物を食べること、その土地でできたものを食べること・・・私たちの体は靴下が作ってくれるのではありません。食べ物が作ってくれるんです。

ところが最近では冷房暖房がどこも行き届いていて冬に体がゆるまったり夏に締まったり。

寒さや暑さの記憶は大切です。冬にしっかり寒さに身をおくこと、夏には汗をちゃんと出し、しっかり暑さに耐えることで、春や秋を快適に過ごすことができるのです。

まきちゃん先生いわく、妊婦さんがもっとも冷えているのが9月ですって。夏の間に冷房や冷たい物で体冷やしたまま秋にもちこしちゃうんでしょう。

快適な暮らしっていうのも、それが体にとってほんとうにいいことか考えてみるのも大切ですね。

*******************************
全然関係ないけど、忘れっぽい温ちゃんの
最近のマイブームはこれ!
ココナッツオイルで美味しく健やかに♪
http://www.tekuteku.co.jp/140318.html

468x60