原始宇宙は無。一瞬の揺らぎが光と闇を生み出しました。温ちゃんです。

やがて光と闇は渦を巻き、次第に大きくなっていきました

光は陽、闇は陰。陰は渦巻きながら外へと広がり、やがて収斂して陽へと転じます。

陰陽のエネルギーが凝縮して光=陽と闇=陰の間から四元の相が生まれました。

一年は春夏秋冬と移ろいます。一日も朝昼夕晩と変化し、人さえも生誕(陽)から青年、壮年、熟年、老年と移ろいでいき、やがて死(=陰)を迎えます。

この四元の相に相当するのが五行の火・水・木・金です。

太陽の恵みも雨も、それを受け止める大地が必要です。大地が植物を育て、岩を生み出します。四相を受け止める場のエネルギーが土です。

こうして日、火、水、土、木、金、月の一週間が揃います

人の体もまた、宇宙と相似形をなしています。宇宙を構成する五要素=五行は、そのまま私たちの体の構成要素。そして細胞も、その細胞を構成する分子や原子も五行に配当します。

マクロコスモスである宇宙の果てのまだその先で私たちはミクロコスモスである私たち自身と出会うことができるのです。

な~んて話をしています。今。

468x60