雨は大地を潤し、やがて地下へ浸みて
大地は種を抱いて、やがて森を育て
森は命を宿し、やがて空へと羽ばたき
鳥は春を歌い、歌は花を誘い
花は蜜をためて、虫が花粉を運び
花粉が果実を結び、獣に悦びを与え
獣は種を運び、大地が種を育て
種は木々となって、木々は森となって
森は雨を貯めて、やがて土に滲みて
水は流れ流れ、小川は大河となって
大河は海に注ぎ、海は水をねぎらい
太陽は海を温め、水は空に還り
やがて雲を育て、雲は風に乗って
そして雨となって、もういちど大地を潤します。

なんて感じの歌をさだまさしさんが歌っていたような気がしたけど、勘違い?温ちゃんです。

なのに人は、水を汚し
なのに人は、土を穢し
なのに人は、空に唾はき
なのに人は、木々を倒し
なのに人は、獣を殺め
なのに人は、虫を嫌い
なのに人は、海を殺し
なのに人は、夢を見て
なのに人は、幸せ願う

もうすぐ震災から3年、私たちはこの震災から学んだことをどう育てていけばいいんでしょうか。

***************************************
種にもオーガニックがあるの?
ヨーロッパ有機認証オーガニックの種
https://www.tekuteku.net/products/list.php?category_id=589

http://item.rakuten.co.jp/tekutekushop/c/0000000864/

16