温ちゃんです。今日は体温の話です。

手足が冷たいとき、たいてい女の人は、「今日(私は)足が冷えている」と思うのね。で、男の人の多くは「今日は(外気温が)冷えている」って思うんですって。ま、人から聞いた話ですのでどこまで本当かわかりませんが。

50年前、日本に住んでいる大人の平均体温は36.9℃だったそうです。今は平均体温36.1℃。半世紀の間に私たちは1度近く体温が下がってきたということになります。

極端に言っちゃえば低体温=冷えです。冷えてるって自覚がなくてしかも体温が35度台の若い子なんて、一番深刻ですね。

体温が1度下がると代謝が10~20%落ちて、免疫力が30%ダウンするってのは、何度かお話しましたね。

こうなると様々な症状を引き起こしてしまいます。たかが冷えって甘くみるのは非常に危険です。

外から紫外線やウイルス、化学物質や放射能、電磁波などのアタックを受け、細胞は傷つきます。

傷ついた細胞を修復する能力は38~40度の体温で一番発揮されます。体内温度を38~40度にするにはどうしたらいいのでしょう。お風呂で体の芯まで温めることです

がんや筋腫、その他細胞のトラブルがある人は、できるだけ体内温度が38~40度の状態を保ちましょう。深刻な病を冷えとりで治した人はそれこそ、5時間も10時間もお風呂の中で過ごし、布団の中には夏でも4個6個と湯たんぽを入れています。

体温が高いか低いか。それこそが病気になるひととならない人の違いなんですね。

*******************************
去年はゴム製湯たんぽが入っていました。
重ねばきソックスにレッグウォーマー、湯たんぽ・・・
てくてくねっとの福袋!冷えとりさんに最適
https://www.tekuteku.net/products/list.php?category_id=585

1483321