温ちゃんです。

砂糖は陰性の食品、塩は陽性の食品です。

進藤義晴先生の本「万病を治す冷えとり健康法」を読むと

最後のほうに神霊医学の話が出てきます。

温ちゃんあえてこの話を避けてきました。霊魂って存在するんでしょうかね?

これは、霊魂やあの世が存在するって前提で冷えとりを解釈している方のお話です。

信じる信じないはあなたの自由です。関心のない方は今日はスルーお願いします。

この世=陽とすれば、あの世=陰です。霊障害にかかりやすい人は冷えてる人なんですって。

冷え=死ということで霊的な感知力が鋭い人も低体温の人が多く、霊が見える人は陰性体質、

そして多くの場合、霊障害は体の中で一番冷えている足から入ってくるそうです。

霊障害=冷障害なんちって。霊的な悪影響を受けたくない人は体、特に足を温めましょう。

そして、あの世では陰陽の役割がこの世とは真逆だということです。

たとえばお仏壇にはぼた餅やおまんじゅう、甘いお菓子などを供えます。

甘いものはあの世に暮らす人へのプレゼントです。

そして悪い邪気を寄せ付けないように玄関に塩をまいたり、家の四隅に塩を盛ったりしますよね。

あの世に暮らす人にとって、砂糖はなくてはならないもの、

そして塩は体に良くないもの(体があればの話ですが)。そうこの世と逆なんですって。

そんなわけで塩はあの世に関係する邪気などを防いでくれる必須アイテムなんですって。

霊的な影響を受けて体調を崩したり心が不安定になったと感じる人は

お塩を入れたお風呂に入るといいそうです。

塩は邪気を追い出してくれて、なおかつお風呂で体が温まります。

まあ、あの世とは関係なしに塩を入れたお風呂は無条件に体を温めてくれます。

しかも塩はそれほど高いものではないってことで塩を入れたお風呂、温ちゃんもおすすめです。

実は温ちゃん自身は霊の存在については「よくわからない」というのが正直なところです。

霊魂が存在するってことはあの世があるってことでしょうけど。

ま、あの世があったとしてもなかったとしても死んだあと「こんなはずじゃなかった」とじたばたしないよう、

どっちにも対応できるよう心構えだけはしておきたいと思っています。

1479187