温ちゃんです。

症状は病気って考えるか、症状は毒だしって考えるかで世の中すべての見え方が変わってきますね。

私たちが体内に取り入れる呼吸中の酸素の約2%が活性酸素になるといわれています。この活性酸素、実は体内に入ってくるウイルスや細菌をやっつける強い味方なのですが、このやんちゃな活性酸素がバランスをくずして大きく発生しすぎると正常な組織や細胞にまでちょっかいを出すようになってしまうそうです。

活性酸素の大量発生は老化を早めるといわれています。またがんや脳卒中、アトピーやシミ、しわの原因のひとつといわれます。特にいつまでも若くいたい、年齢とともにお肌が気になるという方は今日のお話しは要チェックです。

この活性酸素は昔から体に存在はしていたのですが、どうやら農薬や食品添加物、たばこや大気汚染物質、電子レンジや携帯電話やハイブリッドカーなどによる電磁派の過剰照射、ストレス、オゾン層破壊による太陽の紫外線、そして最近では放射性物質によって昔とは比べ物にならないほど増えているというじゃありませんか。

放射能の害のひとつに早く老化するというのがありますが、どうやらこの活性酸素も一役買っているのかもしれません。

さて、私たちもただ手をこまねいているわけにはいけません。まずは活性酸素が増える原因ができるだけ少ない生活をするということが大切になります。

できるだけ安全で安心な食べ物を食べたり、化学物質の影響の少ない暮らしをする、電磁波や紫外線などの影響をできるだけ排除するといったことが考えられます。

アトピー、化学物質過敏症、電磁波過敏症などは、すべて体からの警告です。こういった症状がない人もからだの反応が鈍いだけで、同じように体がダメージを受けていることに注意を払いましょう。

そしてもう一つ、体内に入った活性酸素を減らすのが、抗酸化物質(スカベンジャー)です。

抗酸化物質はおもに酵素とビタミンがあって、酵素は外部から取り入れるにはローフードや酵素玄米、肌の場合は酵素風呂といった方法があります。また、亜鉛、銅、マンガンなどの微量元素も大切です。塩は海の塩、また海藻や発酵食品をたくさん食べるのがよろしいようです。

美容と健康にはビタミンが大事だとよく聞かされますね。とくにビタミンC、そしてAとB2、Eは抗酸化物質としては重要です。ビタミンの多い食品を心掛けて摂るようにしましょう。あ、あと水道水の塩素はビタミンを破壊するので野菜を洗ったりコメを研いだりするときは、浄水器を使うかいったん沸かしてから使いましょうね。

また、冷えとりで体内の血液の循環がよくなり体温があがり少食で免疫力が高まると自分の体で酵素やビタミンを作り出すことができるってのは今までも何度かお話ししています。

お師匠さんなどは、外から酵素を取り入れると体がなまけるから、冷えとりで酵素を自ら生み出せと言っております。すごいですね。ま、なかなかそうもいきませんので並行してすすめていくのがいいようです。

あとは活性酸素によって酸化されやすい脂肪分の摂取を減らし、活性酸素の発生を減らす水溶性食物繊維(海藻など)をいっぱい食べるのもいいことです。

真偽のほどはわかりませんし、温ちゃんここでは評価を遠慮しますが、マクロビオティックだけをしていると老けやすい、と主張する人もいます。今の時代、ある程度はビタミンや酵素が多い食品を意識して摂るというのも大切かもしれませんね。

 

*********************************************
浄水器も取り扱っています。
https://www.tekuteku.net/products/list.php?category_id=105

941887_463063790455222_1967805063_n