【てくてく25周年蔵出し】エコロジー事業研究会

1991年軽トラの荷台を改造して
たった18品目の商品を載せて
1軒1軒のお宅を訪問して引き売りすることから
始まったわたしたちの仕事。


商売については「ど素人」!
今思えばとんでもないことを
やらかしまくっていた・・・
と思います。

そんなわたしたちに救いの手を差し伸べてくれたのが
仙台で「ぐりん・ぴいす」という
自然食品店を経営していた加藤哲夫さんでした。

自然食業界の情報誌として頼りにしていた
『自然食通信』に連載されていたコラムを通して
加藤さんの人柄と思想に共感していたわたしたち。

1992年 自然食通信社が主催した
「自然食・オルタナティブ・スペースの作り方と
経営の知恵伝授いたします」というイベントに参加。
その後、加藤さんが立ち上げた
「エコロジー事業研究会」に入会しました。

お店やメーカー、生産者など
エコロジカルな仕事をやっている人
これから始めたい人などがメンバーになり
毎月情報交換したり
各地で例会が開かれたり。

そこで交わされる情報や
加藤さんが伝えてくれるノウハウや考え方が
その後のわたしたちのお店経営を
ほんっとうに、支えてくれました!
もう、感謝しかないです。

【エコロジー事業とはなにか』
(呼びかけより)
自然食品やエコロジーグッズを売ることがエコロジー事業でしょうか。どんなにその商品がエコロジカルなものだとしても、その商品を販売する方法が旧来の大量販売大量消費のための競争的方法であるならなんの意味もありません。それはただの差別化商品を販売しているにすぎないのです。
エコロジー事業とは、その商売のやり方や組織運営の仕方、社会問題やビジネスに取り組む姿勢などが、個人や特定の集団の利益のためではなく、地球的宇宙的利益にかなうかどうかということを自ら点検し続けることではないでしょうか。

↓『いらっしゃい いらっしゃい』(自然食通信社)より











◆オンラインショップ てくてくねっと https://www.tekuteku.net/
◆てくてくねっとFacebookページ https://www.facebook.com/tekuteku/
◆てくてくねっとTwitter https://twitter.com/tekutekunet
◆無料メルマガ登録はこちら https://www.tekuteku.net/user_data/mailmagazine.php



てくてく
【実店舗】11:00-19:00(日曜定休)
【ネットショップ】11:00-18:00(日祝定休)

〒395-0002
長野県飯田市上郷飯沼2234-5
TEL 0265-53-5980

Facebook
Twitter

フォローする

スポンサーリンク